造船技術紹介

ハミルトン株式会社の歴史について

ハミルトンの歴史は、1983年6月 YAMAHAから独立して船舶製造技術を元にテーマパークの遊戯船補修を提供することから始まりました。
ハミルトンの社名の由来は、ヤマハ発動機が輸入していた本社ニュージーランドにある エンジンメーカーHamilton Jet社から名付けました。
 特にウォータージェットの世界ではトップメーカーで老舗です。
ウォータージェットなのにプロペラは見えないんです。
ハミルトンジェットは、大型の船舶から一人乗りのプレジャーボートまでカバーする  ウォータージェットのパイオニア会社です。

ヤマハ発動機がテーマパーク遊戯船や乗り物のFRP造形等を製作し、そのアフターサービスを含めたメンテナンス業務として発展してきました。
その最先端技術をもって海外の テーマパーク遊戯船や美術造形などの提供を行っております。
以来、軽くて強いFRP強化プラスチック製品と新素材提供など常に時代の要請にこたえて製造しております。

アメリカズカップへの参戦

第30回 ニッポンチャレンジ・アメリカ杯2000へ参戦した、AC艇【JPNー44阿修羅】【JPNー52韋駄天】の製造に携わりました。
製造チームマネージャー・HAMILTONアシスタントマネージャーとして、ボランティアとして弊社から2名参加しました。

大海原を航行する船舶は、FRPで作られた軽く強い船体が求められます。時には荒波にも耐えるほどの強度を持ったFRP艇を製造するノウハウは、現在のテーマパーク船の製造に活かされており、「実用強度のFRP造形」として高い評価を得ています。

帆船の模型製造

粘土原型・発砲原型・木型、モックアップなど製造

テーマパーク用FRPボート製造・FRPビークル製造

アメリカズカップ艇

船舶塗装工事・鉄船・木造船・FRP船塗装

アメリカズカップ艇

スポーツフィッシャーマン・クルーザーボート製造

アメリカズカップ艇